100万円の借金を抱えた会計士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語を溢れさせる!?

「全脳思考」(神田昌典著)

      


著書の中で、ブログをもっとたくさんの人に読んでもらうためのヒントを見つけました。

「営業せずとも顧客が集まる、五つの新原則」

と題して、書かれていたのが・・・


? 指名検索

   知識社会において、購入を判断する真実の瞬間には「検索」がある。


? 検索を促すネーミング

   収益をあげるためには、指名検索されるような事業でなければならない。そのためには記憶に残るネーミングが重要となる。


? 自己投影型消費を支える物語

   ネーミングは、その背景にある物語を「答え」として引き出す「問い」である。


? 物語にスムーズに入り込める導線

   会社や商品が持つ物語は、買い手が自己投影できる内容でなければならない。


? サブエピソードを共有する場

   企業は、自己投影した顧客がサブエピソードを共有する「場」を用意いなければならない。


?’指名検索

   その「場」に繰り返し触れた新たな買い手は、購入に向けて機が熟したときには、衝動的に指名検索することになる。



この五つの原則が循環していく中で中核にあるものが、

ストーリー・ストリーミング・コンセプト(SSC)=物語を溢れさせる中核的なメッセージ

つまり、SSCとはそれに触れたとたんに顧客の頭の中で新しい自分の物語が始まる、

そんなイメージを持たせる集合体のようなものだと著書にあります。

それが、その企業のブランドとなる。

また、著書の中で3社の具体例あげて説明しています。

「ブランドを重視する事業は、当然のようにエピソードを集めている。

NIKEについては、「NIKE+とアナタの素敵なストーリー」と題してユーザーのさまざまな物語を募集。

銀河高原ビールは、「銀河高原ビールに出会ったエピソード、大募集!」という企画を実施。

パタゴニアは、「ストーリーを語ることで人々に影響を与えることができ、また地域社会での問題を明確に、詳細に提示することができる」と明言し、環境エッセイをサイト上に掲載している。」


これは、ブログを一人でも多くの人に見てもらうために必要なコンセプトだと感じました。

ブログには、このブログを見た人が思わず頭の中から溢れ出てくるような「物語」が背景にあるべきで、

その物語が頭の中で自然と溢れ出てくるような導線と誘いがあって、

一度その物語に誘われるとなかなか忘れられないような記憶に残るネーミングがある。


確かにこう考えてみると、アクセス数がすごい多いブログには、

共通してこうした「物語」が背景にあるように感じます。


では、このブログの背景にある物語とはいったい何なのか・・・?

そして、その物語を引き出すためのネーミングはいったい何なのか・・・?

ゆっくり考えてみることにします。


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さって本当に嬉しいです。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           

スポンサーサイト

○○の法則ってこんなにあるんですね

最近読んだ本で

「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」(著者:斎藤正明)

という本があります。

リンク先のブログ『聞き流し英語100日間』を書かれているgrated radishさんから

オススメの本ということでご紹介いただいたので読んでみました。

全長わずか20mの船に、9人の男たちが乗り込み共同生活をする。

一度出航したら40日以上は陸に戻ってこないという極度にストレスがたまりやすい環境で、

著者が実際に経験した生き方のヒントが著書の中には散りばめられています。


ちょっと話はズレますが、

○○の法則っていうのがいくつか出てきました。

例えば、「ハインリッヒの法則」

1件の重大な事故の背後には、

29件の軽微な事故があり、

その背景には300ものヒヤリ・ハットがある。

労働災害における経験則のひとつです。


それから・・・「ビタミンの最小律の法則」

ビタミンには、A、B、C、Dなどいろいろ種類がありますが、

このうち、体内で実際に栄養素として働くのは、

摂取したさまざまなビタミンのうち一番少ないビタミン量に制限されてしまうという法則。

「リービッヒの最小律」とか、「ドベネックの桶」などとも言われたりするようです。


それから、「パレートの法則」

経済において、全体の数値の大部分は、

全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説

売上の8割は全顧客の2割が生み出している。

仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。

法則というよりは、経済における経験則のひとつです。


この他にも、実はすんごいたくさんの「○○の法則」があるんですね。

マーフィーの法則?
ボイル・シャルルの法則?
質量保存の法則?

なんか懐かしい法則名を久しぶりに見つけて、

ちょっぴり嬉しくなったのでした。笑


会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
(2009/02/21)
齊藤 正明

商品詳細を見る


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことを本当に嬉しく思います。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           

幽体離脱ができる!?

脳のある部分を刺激すれば、

いつでも幽体離脱を起こすことができる。

これ本当のようです。


さて、昨日の記事ではいろんな新発見を書かせていただきました。

というわけで、記事の続きをご紹介させて下さい。


この幽体離脱のお話も、脳の研究によって明らかになったことのようです。

脳には「角回」という脳部位があって、

ここを刺激すると、

刺激された人によれば、

「自分が2メートルぐらい浮かび上がって、

天井の下から、自分がベッドに寝ているのが部分的に見える」っていうんだそうです。

これって、まさに幽体離脱ですよね。。。すごい。

脳はいつでも幽体離脱を生み出すための回路を用意している。というお話。

こういった能力を自ら使っている人って実はたくさんいるんだそうです。

例えばサッカー選手。

サッカー選手は、試合中、ピッチの上空から自分のプレイが見える(らしい)。

これをもう少し広い意味で考えると、

「他人の視点から自分を眺める脳の回路」ということになる。

自分を外側から客観視するということ。

それができなければ、

自分の悪いところに気づくことも、

嫌な性格を直すこともできない。

だって、「他人の目から見たら、俺のこういう部分は嫌われるよな」

って気づいてはじめて修正できるんだから。っというお話でした。



さて、次。

僕らは「自分が道化師にすぎない」ということに気づいていないというお話。

「海馬」という脳部位があります。

この「海馬」に損傷を受けるとどうなるか。

海馬は記憶をつくる場所です。

だから海馬が作動しないと新たな記憶が形成されない。

有名な例ではH.Mさんという患者さんがいて、

その患者さんに「今いつですか?」とたずねると、

決まって「1953年」と答える。

1953年は彼が海馬の摘出手術を受けた年なんだそうです。

さて、冒頭の「道化師にすぎない」というお話についての実験です。

この「海馬」が損傷されて記憶ができない患者さんに、

担当医が来て手を差し出して握手をしたとする。

この患者は<握手をした>という記憶は残らない。

何分かで消えちゃう。

そこで、握手をするときに、手に小さな電気ショック機を隠しておいて、

握手した相手にビリビリと刺激してみる。

不意を突かれて刺激を受けた患者さんは、

「何をするんですか」とビックリするんだけど、

でもやっぱり何分かですっかり忘れちゃう。

ここで面白いのは、

<握手をした>とか、<電気ショックを受けた>という出来事の記憶は覚えていないのだけれど、

好きとか嫌いという感情の記憶は残るんだそうです。

そう。今年リリースされた映画『パコと魔法の絵本』で出てくる

主人公のかわいい女の子がまさにこのことを演じています。

話は戻りますが、

そこで、この患者さんに再び「握手をしましょう」と同じ担当医が手を差し出すと、

患者さんは嫌がる。

本人はなぜ嫌なのか分からないけど、とにかく握手はしたくないってなる。

そこで質問をする。

「どうして握手をしてくれないんですか?」と。

すると患者さんは、

「手を洗っていないのです。手が汚れるから握手しては失礼だと思って・・・」

などと答えてくるんだそうです。

つまり、自分の感情の根拠を、自分がアクセスしやすい記憶に落とし込んで、

半ば強引に説明をつけてしまう。

事実をしっている僕らから見ると、すごく滑稽に思えるけど、

本人はいたってマジメ。

これは極端な例だけれど、僕らも同じように、いつも歪んだ主観経験の中を生きている。

単に、その推論に論理的矛盾が生じない限り、

「自分はウソをついている」

ことに気づかないだけのこと。

このことをもっと意識していけば、

もう少し自分に素直に、あるいは他人に対して謙虚になろうって思えるかもしれない。というお話。

不思議な感じがします。


最後にもう一つ。

五感の中で、「嗅覚」だけは特殊な脳内回路になっている。というお話。

見たもの、聞いたもの、食べたもの、皮膚で感じたものは、

同じ経路を通って大脳皮質に届く。

つまり、脳の「視床」という場所を通って大脳皮質に届く。

視床は、大脳皮質に情報を受け渡す最終ゲートだそうです。

たとえば、睡眠中はこのゲートがほぼ閉じていて、

感覚情報が大脳皮質に届かないようなしくみになっている。

だから、僕らの眠りが妨げられなくてすんでいる。

でも、嗅覚は例外で、視床を経由せず、そのままダイレクトに大脳皮質に届けられる。

だから、寝ている間も嗅覚は働いているのだそうだ。

これを利用して、睡眠中に香を嗅がせて記憶力を高めるという試みも行われていて、

すでに成功しているというお話。

アロマを焚いて寝れば、睡眠中にしっかりとその<におい>を脳が感知して、

朝起きたときはその効果が得られているのかもしれない。


単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことを本当に嬉しく思います。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓↓

   

           

吊り橋の上で告白したら成功率UP?

吊り橋の上は高所なので緊張してドキドキする。

そして、そのドキドキしているときに告白されると、

脳はそのドキドキしている理由を勘違いして、

「告白してきたあの人が魅力的だから、私はこんなにドキドキしているんだ」

と脳はそう早とちりをしてしまう。

そして、無意識のうちに相手に好意を持ってしまうというわけ。笑

脳ってバカというか、憎めないヤツだよね。っていう話です。

東京大学准教授で脳研究者の池谷裕二氏著

「単純な脳、複雑な「私」」という著書の一節です。

個人的にいろんな新しい発見があって面白かったのでご紹介させてください。



さて。

たとえば、ある数列の穴埋め問題を解いてもらうという実験をする。

そして、解答者を3つのグループに分けた。

グループ1 ・・・ 朝に出題して、8時間考えてもらって、夕方に解答してもらう。

グループ2 ・・・ 夜寝る前に出題して、8時間睡眠してもらって、起床してすぐに解答してもらう。

グループ3 ・・・ 夜に出題して、そのまま一睡もせずに8時間考えてもらって、朝に解答してもらう。


すると結果は下のようになる。

グループ1 ・・・ 正解率20%

グループ2 ・・・ 正解率60%

グループ3 ・・・ 正解率20%


「ひらめきは寝て待て」とはよく言ったもので、

これ本当なんだな?と思う実験結果でした。



さて、次。

シマウマってどんな模様をしているか?

白地に黒シマ模様?

それとも、黒地に白シマ模様?

こう聞かれる多くの人は、

「そりゃもちろん、白地に黒シマでしょ!」

と答える。

でも、現地のアフリカの人に聞くと、

「そりゃもちろん、黒地に白シマでしょ!」

となる。

面白いですよね。

でもよくよく考えてみると、これは当然なのかもしれない。

彼らにとって、地肌とは黒が当然の基準であって、

黄色人種や白色人種とは発想が逆なわけだ。

僕らにとって「正しい」という感覚を生み出すのは、

単に「どれだけその世界に長くいたか」ということだけってわけだ。

「正しい」か「間違っている」かという基準は、

「どれだけそれに慣れているか」という基準にも置き換えられる。

これって、すごく大切なことを言っている。というお話。

自分が感じる価値基準を正誤の基準だと勘違いしちゃうと、

これはいわゆる「差別」していることと同じ。

このことを意識していれば、もう少し謙虚になれるかもしれないですね。



さて、次。

サブリミナル映像。

パッと一瞬だけ画面に提示するという手法です。

あまりに瞬間的なので、見ている人は全く見えた気がしないという映像。

この実験も面白い。

目の前のモニターに「握れ」と表示されたら、手元のグリップを軽く握ってもらう、という実験。

ただ、この「握れ」という表示が出る前に、サブリミナル映像でポジティブな言葉で励ます。

例えば、「ガンバレ!」「いいね!」「ナイス!」などなど。笑

でも、被験者はこのサブリミナル映像が当然見えない。

「握れ」という表示しか見えていないにもかかわらず、

でも、たったそれだけで、何もしないときと比べて握力は約2倍になる。

意識ではそれを認識できない。

でも、無意識の脳はちゃんと感知して、

僕らのあずかり知らぬところで、正しい反応や判断を下している。

つまり、意識よりも無意識の方が正しい。というお話。

不思議ですよね。

僕らの意識って一体何なんだって感じですよね。


まだまだありますよ。

また次回に。


単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことを本当に嬉しく思います。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓↓

   

           

「運がいい」ってどういうこと?

「運のいい人、悪い人」
(著者:リチャード・ワイズマン博士、訳者:矢羽野薫)


訳者あとがきより抜粋

「人は、幸運の星のもとに生まれるわけでもない。不運な人生を運命づけられているのでもない。

それなのに、世の中には「運のいい人」と「運の悪い人」がたしかにいるようだ。

ここでいう「運」とは、たとえば宝くじで当たるように、偶然にまかせるたぐいのことではない。

仕事でチャンスをつかんで成功するとか、直感で決めたことが最高の結果を生むとか、

自分の行動や考え方しだいで変わる可能性のある「運」だ。

だからこそ、それにまつわる心理を研究すれば、

幸運に関する科学的な法則が見つかるのではないか。

こうして、ワイズマンは、10年がかりで数百人の「運のいい人」「運の悪い人」を対象に

数々の実験を行い、ついに「運を鍛える四つの法則」を発見したのだ。」


著者のリチャード・ワイズマンは10歳でマジックに目覚め、

元々はプロのマジシャンとして世界の舞台で活躍していたようですが、

観客がトリックにだまされる心理に興味を持つようになり、

そこから心理学者になった。というユニークな経歴の持ち主。

そこで「運」を心理学的に分析した、というとても面白い本でしたのでご紹介します。

実際、この本は英BBC、米NBC等で話題が沸騰し、

世界30カ国でベストセラーとなったようです。


この本の結論はシンプルです。

つまり、「運」は考え方と行動で変えられる、ということです。

「運のいい人」は共通した四つの法則を持っていたというわけです。

この結論に至った理由を、数々の実験から説明してくれます。

そして、運を鍛えるヒントを提案してくれます。


僕は「運がいい」と思えるようになりました。

パチスロにハマって、借金を抱えてしまったことは本当にバカでしたが、

終わったことはもう変えられません。

でも、それをただ単に「後悔」するのか、

それとも「反省」した上で、前向きに将来の肥やしにするのか、

この違いが、「運」を左右するということに気づいたからです。





あなたの「運」がよくなりますように。。。


運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則
(2004/02)
リチャード ワイズマン

商品詳細を見る



貴重なお時間をいただきました。
最後まで読んで下さって本当にありがとうございました。
是非また遊びに来てください。


↓↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓↓

 

                                    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。