100万円の借金を抱えた会計士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○の法則ってこんなにあるんですね

最近読んだ本で

「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」(著者:斎藤正明)

という本があります。

リンク先のブログ『聞き流し英語100日間』を書かれているgrated radishさんから

オススメの本ということでご紹介いただいたので読んでみました。

全長わずか20mの船に、9人の男たちが乗り込み共同生活をする。

一度出航したら40日以上は陸に戻ってこないという極度にストレスがたまりやすい環境で、

著者が実際に経験した生き方のヒントが著書の中には散りばめられています。


ちょっと話はズレますが、

○○の法則っていうのがいくつか出てきました。

例えば、「ハインリッヒの法則」

1件の重大な事故の背後には、

29件の軽微な事故があり、

その背景には300ものヒヤリ・ハットがある。

労働災害における経験則のひとつです。


それから・・・「ビタミンの最小律の法則」

ビタミンには、A、B、C、Dなどいろいろ種類がありますが、

このうち、体内で実際に栄養素として働くのは、

摂取したさまざまなビタミンのうち一番少ないビタミン量に制限されてしまうという法則。

「リービッヒの最小律」とか、「ドベネックの桶」などとも言われたりするようです。


それから、「パレートの法則」

経済において、全体の数値の大部分は、

全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説

売上の8割は全顧客の2割が生み出している。

仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。

法則というよりは、経済における経験則のひとつです。


この他にも、実はすんごいたくさんの「○○の法則」があるんですね。

マーフィーの法則?
ボイル・シャルルの法則?
質量保存の法則?

なんか懐かしい法則名を久しぶりに見つけて、

ちょっぴり嬉しくなったのでした。笑


会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
(2009/02/21)
齊藤 正明

商品詳細を見る


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことを本当に嬉しく思います。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。