100万円の借金を抱えた会計士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド人になる!?

「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦?ブランド人になれ!」
(著:トム・ピーターズ、訳:仁平和夫)

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
(2000/03)
トム ピーターズ

商品詳細を見る


以前読んで面白かったのでご紹介させて下さい。


僕が「会社に雇われている」という考え方から、

「会社を利用している」という考え方にパラダイムシフトできたのはこの本のおかげです。


著書の中の一節、

「私は確かにここで働いているけど、

私はあくまでフリーエージェントであり、

会社に助っ人としてきているに過ぎない。

その契約期限を決めるのは自分である。」


確かにそうだよな・・・と納得させられたわけです。

この会社を選んだのも自分。

この会社を辞めずに続けること選択したのも自分。

いつ辞めるのかを決めるのも自分しかいない。

自分が幸せな人生を送るために、

今この会社で働くことを自分で選んで決めているんだ、

今この会社で毎日何時間もの時間を費やしているのは、自分の幸せのためなんだ、

誰から強要されたわけでもなく、自分が選んで決めたことなんだ、

という当たり前の事実を、100%受け入れることがスタートでした。


そして、ブランド人になるとは!?

「自分らしさ。自分の切り札。自分の弱点は何かを考える。」

「ブランドとは見えるもの、見えないもの、

触れるもの、触れないものの複合体である。」

「コーラは不思議な味のするドリンクだけでなく、

安心感、爽快感、CMから感じる仲間との楽しいひと時・・・など。

いろいろなものを売っている。

「プラスα」がなければあれだけのブランドにならない。」


と著書に書いています。

自分にとっての「プラスα」とは何か。

自分らしさ。自分の切り札とは何か。

いまさらながら、少し考えてみました。


僕はあまり自分のことを人に話すのが得意ではありません。

もっとオープンに自分の体験を人に話そうよって、

自分で自分に問い正そうとしたりするぐらい、

例えば、将来結婚して、仕事が終わって家に帰ってきて、

その日のことを何も話そうとしない旦那ってちょっとイヤだな・・・とか思うわけなんです。笑

でも、いつの間にかやっぱり聞き側になってしまうんですね。

で、考えてみたんですが、

聞き側ということは、芸人でいうところの「ボケ」と「ツッコミ」でいうと、

ツッコミタイプです。

だから、一流のツッコミタイプの人間になってみてはどうかと考えてみました。

一流の「ツッコミ」がいるから「ボケ」が輝く。

一流の「聞くひと」がいるから「語るひと」が輝く。


「聞くひと」がブランド人になるための最大の「プラスα」ってなんだろうと考えてみると、

おっ!「質問」だという結論に今至りました!

そうだ!一流の「質問」ができる人になろう!!

よし!

「質問力」に関する本を探してみます!!!!!

何かオススメの本ご存知の方、教えて下さい!!!!!


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことが本当に嬉しいです。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まずは自分が幸せな人生を送るために、、

ということは、「仕事は義務である」というような
考え方をしているためか、ついつい忘れがちな
ことです。。

自分主体で働き、自分をブランド化する。。
とても大事ですよね^^

とても参考になりました。
勉強になる記事ありがとうございました。

washbook | URL | 2009-07-16 (Thu) 00:10 [編集 ]


書き込みありがとうございます。
そう言っていただけるとめっちゃ励みになります!
お互いがんばりましょうね!

タナケー | URL | 2009-07-16 (Thu) 20:51 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。