100万円の借金を抱えた会計士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5:【英語の面接】あなたならどう答えますか?

【質問5】

Tell me about your weakness?


---Actually, it is hard to say my weaknesses, because I think the weakness is turning the strong point inside out. But if you ask me to find one anyway, I'll say that I sympathize with the other party too much. I mean, I hesitate for a moment when it is necessary to say it is severe with the other party. But there is such situation a lot on business. So no matter how it is likely to hesitate to say, I have flexibly changed myself so that I could tell it definitely.


こんな大不況下では、転職エージェントも、そして企業の人事部も大変です。

まず転職エージェントがなぜ大変かはビジネスモデルを考えると当然理解できます。

彼らは、企業からの「こんな人材がほしい!」というニーズに対して、

「では、この方がピッタリだと思いますよ。」といって紹介をします。

もし仮にこの方が年収500万円で転職に成功したとすると、

その会社が150万円を紹介手数料として転職エージェントに支払う仕組みになっています。
(※紹介料が30%の場合)

当然この紹介手数料がエージェントの売上高なわけで、

そのほとんどが変動的な収入になっているんですね。

でも従業員であるキャリアコンサルタントの給料は当然固定的に発生するので、

求人案件が少なくなってくると、紹介数が減り、売上高が減ってくる。

だから、今転職エージェントは必死のパッチなわけです。

なんとかたくさんの人を転職させて、紹介料をもらいたいわけです。


さて、企業の人事部がどうして大変か分かりますか?

必死のパッチで紹介しようとしている転職エージェントと、

この不況下なので、最低限必要な人材、できるだけ優秀な人材のみを採用したい企業の人事部。

この両者にはかなりの温度差があります。

そう。企業の人事部は、転職エージェントが無理やりに紹介してきているから大変なんです。

「この人はちょっとナイでしょ?」と思うような人の経歴書がたくさん届くわけです。

これではエージェントに頼んでいる意味がありません。

今まではエージェントがやってくれていた優秀な人材の発掘を

今は、企業の人事部が、エージェントから届いたたくさんの経歴書の中から探してるんですね。

こんなことをしていると、結局はエージェント自体の評価を落としてしまいかねないと思うのですが。

現実問題、そうせざるを得ない状況なんでしょう。


さて、私も転職エージェントには5社登録をしています。

ついこないだ大阪の某エージェントの担当者のレベルが低かったため、

ちょっとクレームをつけてみました。

すると、わざわざ東京本社から取締役トップが大阪まで来て相談にのっていただけました。


自分が現職でやってきたこと。

自分がこれからやりたいこと。

それが本当にやりたいことなのか。

自分が努力してきたこと。資格や英語力。

自分の強みを活かせる環境がどこか。

具体的に将来どんなポジションを目指すのか。

そのポジションに到達するために必要な経験は何か。

その経験はどんな企業でできるのか。

外資系のCFOと日系グローバルのCFOの違いは?

外資系経理業務と日系グローバル経理業務の違いは?

日本企業に転職することの意味は?

それは会社が用意したレールの上を走っていくことを、今この年齢で決断してしまうようなもの?

安定した生活を送りたいの?

じゃ、外資系企業は?

でさ、本当にやりたいことって結局・・・何・・・?

・・・・・・

・・・


とまぁ、こんな感じでいろいろと話を聞かせてもらいながら、

自分の人生について考えてみたわけです。


自分ひとりだけで考えて出した結論というのは、往々にして間違っているものです。

間違っているというより、勘違いのかたまりのようなものです。

自分が知っている世界がすべてだと、無意識にそう勘違いしている。


今回の転職活動は、本当にたくさんの方に相談させてもらい、

少しずつ世界が広がってきているように感じています。


貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さって本当に嬉しいです。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

仰る通りです。5社の転職エージェントに登録されているという事は弊社もあり得ますね…

企業様の人事は大変だと思われます。
エージェントからの「えっ」と思われる経歴書類、自社サイトからの直応募…膨大の量です。

これは転職エージェントに限った事ではありませんが…
企業様が求める人材とマッチする人材が100%はあり得ないのです。
ギリギリのラインで交渉…それが一番望ましいのです。
ただ、今回クレームをしたように担当者のレベルが違う事などはどんどん言って下さい。
派遣と異なり、エージェントはそれなりの金額が入ってきます。
仕事は生活の一部ですから、担当者も真剣に考えて勉強してくれないといけないわけです。

最近、良い兆しが見え始めてきましたから、企業様のキャリア採用も進み始めています。
正社員切りで一気に落ち込んだ業界ですので、巻き返しとばかりに躍起になってしまうエージェントもあると思いますので、慎重に判断して下さいね。

貴重なご意見ありがとうございます。

恥ずかしい話し…英語レベルは低いので、コピぺして辞書で訳してみます。

momo | URL | 2009-08-03 (Mon) 09:18 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。