100万円の借金を抱えた会計士

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「続ける」ということ

「よし。明日から始めよう!」

そう決めたことがなかなか続かない。

よくあることです。

僕は典型的な三日坊主人間です。

いろいろやってみるものの、結局続かない。

毎日日記を書く。と決めても続かない。

毎日英単語を1語覚える。と決めても続かない。

毎朝朝食を食べる。と決めても続かない。

・・・いったい何が続くのか。苦笑

会社の社訓で好きな言葉があります。


「意識が行動をつくり

行動が習慣をつくり

習慣が人格をつくり

人格が運命を変える。」


そう。この2行目の「習慣」をつくることが難しい。

習慣化する前に挫折してしまうから続かない。

続けることが負担になってしまうんですね。

というより、負担に感じているから続かないんですね。

一般的に人間は3ヶ月続ければ何でも習慣化するとよく耳にします。

どうやって3ヶ月続けるか。

どうやってこの負担感を取り除くか。


こんな悩みを解決してくれた本をご紹介します。

受験生活で、僕が早起きができるようになったのはこの本のおかげです。

「「続ける」技術」という本です。(石田淳氏著(行動科学メンジメント研究所所長))

当たり前のことのようで、なかなかできていない内容です。

以下著書より抜粋。


「本書をまとめると、続けるコツは三つです。

?行動の補助(ヘルプ)を決定する。

?行動を動機づける条件を整える。

?行動のハードルの高さを調整する。

行動の補助とは、ターゲット行動が発生する確率を高めたり、補助的な刺激を与えることです。

そうした「刺激」や「ルール」が「行動のヘルプ」となり、望む行動を増やす助けとなります。

動機づけ条件とは、要するに、「行動したときのメリットを考える」ということです。

より行動しやすい動機づけの条件を自分で工夫して整えることが、継続の秘訣です。

行動のハードルを低くするとは、ターゲット行動を行いやすいようにする、ということです。

例えば、仕事の能率を高めたい人は、勤務中に私用の携帯電話を切っておく。

英語を身につけたい人は英和辞書を持ち歩く。

子供に学習習慣をつけさせたければ、勉強部屋にテレビを置かない。」


といった内容です。

僕は「早起き」をしたくて、いろいろと考えました。

例えば、

目覚まし時計を遠いところに置く。

カーテンを開けて寝る。

起きたらすぐにシャワーを浴びる。

起きたらすぐに牛乳を一気飲みする。

絶対に二度寝をするな!と自分に言い聞かせながら寝る。

などなど。

ここに続ける技術を取り入れてみると次のようになりました。


?寝る前に次の日に着る服を用意しておく。

?目覚まし時計を風呂場の目の前に置いてセットする。

?バスタオルを目覚まし時計にかぶせる。(音を遮断しすぎないように)


すると、意外にも起きれるようになりました。

朝、目覚ましがなると、アラームを止めるために風呂場まで行かざるを得ない。

目覚まし時計にバスタオルがかかっているので、バスタオルを手にとってアラームを止める。

せっかくバスタオルを手に持って、風呂場の目の前にいるのだから、

二度寝なんかせずにシャワーを浴びてしまおう!


という感じです。

続けることができるかどうかは、

意志が弱いとか強いとかではなく、

続けるためのしくみを作れるかどうかなんだと実感した体験でした。


「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/20)
石田 淳

商品詳細を見る



貴重なお時間をいただきありがとうございました。
最後まで読んで下さったことを本当に嬉しく思います。
もしよろしければ是非また遊びに来てください。


↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓

   ポチッ!

           
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

参考に

なりました。
かくいうワタクシも三日坊主を繰り返すこと30数年・・・。

今年は脱却をめざそうと ブログで管理することにしました。
毎日の学習?報告をブログでするようにしたのです。笑
いまのところうまくいってます。
学習がうまくいってるかどうかは なぞです。

grated radish | URL | 2009-05-25 (Mon) 13:05 [編集 ]


書き込み

ありがとうございます。
コメントめちゃ嬉しいです。
私も今英語勉強中です。
今週末のTOEIC受験予定。
お互い頑張りましょう!!

タナケー | URL | 2009-05-25 (Mon) 23:00 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。